JA全農チビリンピック

JA全農杯チビリンピック2018小学生8人制サッカー大会JA全農杯チビリンピック2018開催概要チビリンピック2018結果発表チビリンピック写真館チビリンピックHOME
TOPICS
【2017年度】JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカーIN東北

3月4~5日に行われた、JA全農杯小学生8人制サッカー東北予選の結果をお知らせします。

東北大会結果

 

 

◇4~5日◇福島県・相馬市光陽サッカー場◇参加12チーム

「JA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカーIN東北」が4、5日の2日間、福島県相馬市で開催された。東北6県から12チームが参加した。

決勝では青森FC(青森)がコバルトーレ女川・石巻ジュニア(宮城)を下し初優勝を飾った。青森県勢としては7年ぶりの全国決勝大会進出。

同チームは5月3から横浜市の日産スタジアムで行われる全国決勝大会への出場権を手に入れた。

 

 

 

 

 

『青森FC、初の全国切符を獲得』

女川との決勝では立ち上がりにFWデンハム公士理のゴールで先制し、MF本田陽大が2得点をあげるなど、終始ペースを握る危なげない試合展開で快勝した。予選も含め5試合で2失点と守備陣の活躍が光ったが、チームを率いる伊藤豪監督は「ディフェンス面でもっと強い気持ちがあれば防げる失点だった。

得点したことも覚えているが失点が強く印象に残っている」と、失点の反省を語った。

 

全国決勝大会に向け伊藤監督は「全国は質が高く総合力もすごい。よりレベルアップしていく必要がある」と、意気込みを語った。

決勝でだめ押しとなる6点目を決めた主将の山本虎は「チビリンピックはチーム力が大事。試合前はいつもより集中していた。横浜に行ってもチーム一丸となってがんばりたい」と初の全国決勝大会への意気込み語った。

 

s_IMG_2548 (3)

 

 


ツイート



このページのトップへ